ベルタ葉酸で胎児を健康に!

葉酸は細胞を活発化させる仕事に深く関わっています。

胎児が成長する段階で細胞が活発化するため、葉酸はそれを助ける上でも必要な栄養素です。

また、生まれてくる子供の神経管障害を予防する目的でも葉酸を取る事が望ましいとされています。

妊婦は胎児を成長させる為食物を取りますが、量と沢山取りすぎると妊娠高血圧や糖尿病などになる危険があり、体重が増えすぎると難産になります。
効率よく栄養を摂取しバランスの良い食事をこころがけます。

適切な量の葉酸をとるためにベルタ葉酸を飲むようにして胎児を健康にしていきたいですね。

ベルタ葉酸サプリの口コミと効果の違いに

葉酸は体内でどんな働きをするのか

葉酸は細胞が活性化する事を助けますが、葉酸単体では上手く仕事をする事ができません。
上手く働かせるにはビタミンの力が必要になってきます。

特にビタミンB12、B6、Cなどです。

葉酸に例えばビタミンB12が付くと細胞を分裂させる力ができます。 
その後鉄とビタミンB6の力で細胞を成熟させ赤血球をつくる事ができます。

このように体内での細胞に深く関わっています。

葉酸が不足すると、

・いらいらする。
・つかれやすい。
・貧血になる。

などの症状が出てきます。

ベルタ葉酸にはストレスをやわらげる作用があると言っても良いでしょう。

葉酸を含む食べ物は何があるか

葉酸は葉物野菜、緑黄色野菜などに多く含まれます。

ブロッコリー、アスパラガス、ホウレンソウ、ケール、カリフラワー、ニンニク、タカナ漬け、ソラマメ、枝豆などは1個当たりの量は少なくても沢山食べる事で多く摂取する事が可能です。

果物類では
アボカド、マンゴー

いちごは1個当たりの量は少なくても複数食べる事が出来るので多く手軽に食べられる食品です。

また、肉類のなかでは豚鳥などのレバーに多く含まれています。
豆類のなかではヒヨコ豆や納豆などがあります。

その他にノリ類にも多く含まれています。

ただ、食べ物だけでなく、妊娠中は胎児のことも考えてベルタ葉酸などのサプリでも取ることを心がけていきましょう。

葉酸との相性のよい食品

これらの食材をビタミン類とバランスよく取るようにするといいでしょう。

ビタミンB12
貝類、レバー類、ノリ類
ビタミンB6
ニンニク、まぐろ、カツオ類

これらのビタミンはタンパク質の代謝を助け、神経細胞内のタンパク質を合成させたり、修復する働きがあります。ベルタ葉酸とも一緒に服用していきたいですね。