カフェインが妊娠中にあまりよくない理由

妊娠前はコーヒーや紅茶などカフェインを気にせずとっていたという人もいるはずです。

しかし妊娠を意識するようになって調べてみると、カフェインは妊娠中にあまりよくないといわれることもあるために、コーヒーが好きだった人も一時的に飲むことを制限するということもあるのです。でもこのカフェインはどのような問題があるのでしょうか?

カフェインは、飲むと血管を収縮させる作用があります。またママがカフェインを飲むと、胎盤を通じて赤ちゃんにも伝わるのですね。血管が収縮するために、臍帯の血液の流れが悪くなる場合もあります。またカフェインが赤ちゃんに伝わり、興奮作用をもたらす場合もあるのですね。赤ちゃんは代謝機能が未熟なために外部から入ってきたものを代謝するのに時間がかかります。そのためにママがカフェインをとって興奮する以上に、刺激を受けてしまうのですね。

そのために赤ちゃんの神経や心臓、脳といった重要な機能を作る妊娠初期には、避けたほうが良いといわれています。日本と海外ではその妊婦のカフェインの取り方に違いがありますが、日本では一日1~2杯くらいまでなら良いとされています。

しかしこの時に考えておきたいことは、カフェインが含まれるのは、決してコーヒーだけではないということです。カフェインはコーヒーや紅茶だけではなく、お茶やチョコレートなどのし好品の中にも入っているのですね。そのために普段からし好品をとる人は、その分のカフェインも考えて、コーヒーの量を制限したほうがいいのかもしれません。

しかしカフェインは悪い効果ばかりだけではありません。少量であれば眠たいときの覚醒効果や集中力のアップ、またリラックス効果などがあるのですね。そのために上手にとると問題ないのです。

もし気になる方はノンカフェインのコーヒーやカフェインレスのコーヒーもあるので利用してみてはどうでしょうか?リラックス効果は十分に得られるので、妊娠期間中安心して飲むことができるでしょう。