betaiken のすべての投稿

妊娠しやすい体作りのためにタンパク質を摂ろう

妊娠するためには女性ホルモンの力が必要です。ホルモンは食べたものの栄養をもとに作られるので食事が大切です。どんな食事がよいのでしょうか。

タンパク質を意識して摂る

バランスのよい食事が大切ですが、意識して摂りたいのがタンパク質です。タンパク質は細胞や内臓などを作ったり、ホルモンや酵素の原料になります。体のさまざまなことに関係しているので食事から毎日摂ることが大切です。

タンパク質が多く含まれている食品は、肉・魚・乳製品・卵・大豆などです。タンパク質は分解されてアミノ酸になって吸収・利用されます。アミノ酸はどれか一つでも不足するときちんと働きません。

体内で作れないアミノ酸は9種類あり、これらは毎日食事から摂取する必要があります。9種類のアミノ酸をすべてバランスよく含んでいるものはアミノ酸スコアが高い食品といいます。

アミノ酸スコアは食品によって違うので、動物性と植物性両方からバランスよくタンパク質を摂取しましょう。

一日の食事

肉などはカロリーが高くカロリーを気にしてタンパク質摂取を控えている女性が少なくありません。妊娠するためには、毎食タンパク質を摂取する必要があります。

朝はお腹が空かなかったり忙しくて食事を摂る時間がない方もいると思います。食事を摂りにくいときでも、豆乳やヨーグルトなど消化によく口にしやすいものを摂るようにしましょう。少しずつでも朝食を摂る習慣をつけると次第に食べられるようになります。

お昼はパンやパスタなど単品メニューになりがちで、炭水化物に偏っています。定食はいろいろなものを食べられてタンパク質も摂取できます。コンビニでお昼を買うときは、ヨーグルトや豆腐などをつけ足したり、魚などタンパク質を豊富に含む食品を摂れるお弁当にしましょう。

夜は消化に良いタンパク質を摂取します。豆腐、納豆など大豆製品、脂が少ない魚などが消化によいです。遅い時間に夕食を摂ると、翌日の朝お腹が空かず朝食を食べられなくなるので、夜遅くの食事は避けたり軽めにします。

規則正しい生活が大人のニキビを防ぐ

ニキビは、毛穴に脂質が詰まって炎症を起こしている状態です。若い時には、ホルモンのバランスが安定しなかったり、皮脂の分泌量が増えたりしてニキビができやすい方も多いのですが、大人になると自然とニキビが減っていく傾向があるようです。

大人になってもニキビが出来る原因としては、皮脂の分泌量が多い、といった体質が原因の方もいらっしゃるかとは思いますが。しかし、多くの大人ニキビは、不規則な睡眠・食生活、また、ストレスなどの原因により、体内での新陳代謝や内臓の働きが上手くいかなくなり、結果として、皮脂の分泌や肌のターンオーバーのバランスが崩れてしまって出来てしまうのです。

良質な睡眠は肌に効く

肌の再生は、夜寝ている間に行われると言われています。特に、夜10時から深夜2時までの間の4時間は「シンデレラタイム」と呼ばれ、特に肌の再生が活発に行われる時間帯なのだそうです。
その時間帯にしっかり4時間睡眠を取る事は社会人には難しいかもしれませんが、せめて夜12時前には就寝出来るようにしたいものですね。

正しい食生活を心掛ける

忙しくなると、つい、食事もおざなりになりがちです。外食やコンビニ弁当は手軽ですが、野菜が足りない・揚げ物などの脂っこいメニューも多いものです。胃への負担も大きいので、あまりお勧めできません。

ニキビを治したい時には、できれば自炊を多めにしてみる、外食の際は、注文するメニューに気を付けて、サイドメニューに野菜を付けるなどの工夫も必要です。
バランス良い食事が基本ですが、特にニキビに効くと言われる栄養素を意識的に採り入れてみましょう。

ニキビに効くと言われるのは、肌のターンオーバーを促すビタミンA、皮脂分泌をコントロールするビタミンB2・B6、コラーゲンの生成を促すビタミンC、ホルモンバランスを整えるミネラル、そして、脂質代謝を促し、腸内をきれいにしてくれる食物繊維です。

どの栄養素も、普段よく食べる食材に含まれているものばかりですから、少し意識を高めれば、すぐに普段の食事に採り入れられます。

妊娠中に摂取したいベルタ葉酸

ベルタ葉酸はぜひ妊娠中に摂取して欲しいのです。
日常生活にも役立つ栄養素ですが、赤ちゃんがお腹にいる時は特に意識してほしいですね。

葉酸ってどんなもの?

さて、漠然と妊娠中に良いと言われてもどんなものが分からないと思います。
葉酸は水溶性のビタミンB群のひとつの栄養素です。

ほうれん草の葉の部分から発見されたとされています。

葉酸を摂取することで新陳代謝が良くなる働きをしてくれます。
これは細胞分裂を助ける働きをするもので、妊娠中は特に胎児が育っていくために必要なものになります。

ベルタ葉酸サプリは葉酸以外にもビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるので健康サプリとしても人気です。

妊娠中に葉酸を取るとどうなるの?

細胞分裂を助けるということ胎児が奇形になりにくく病気になりにくいということになります。
当たり前の事ですが赤ちゃんには健康な状態で生まれてきて欲しいものです。

また胎児だけではなく母親側への良い影響もあります。

貧血やガンの予防効果があり、何より母乳の出がよくなります。
粉ミルクで代用することもできますが、母乳が出るに越したことはありません。

いつごろ葉酸を摂取すればいいの?

胎児にとって良い影響を与えるために摂取する場合はなるべく早い段階にとるようにしましょう。
具体的には妊娠前から妊娠3ヶ月頃までに多めに摂取する事で効果が期待できます。

胎児の体が形成される過程で葉酸を多く摂取することで奇形の可能性が減り予防効果が期待できます。
妊娠に気がついてから摂取しだすのでは少し遅いため、

赤ちゃんを望んで子作りする場合は積極的に葉酸を摂取しておくと良いでしょう。

葉酸はベルタ葉酸サプリで摂取

名前の通り葉の部分に多く含まれている成分です。
ほうれん草やレタスやキャベツ等に多く含まれています。

その他にも豆類などには多く含まれています。

しかし、これらの食品から必要量を摂取することはとても難しいためベルタ葉酸サプリを利用すると良いでしょう。
また、葉酸単体では働きが鈍く期待した効果を得られない可能性が高まります。

ビタミンC等の他のビタミンと一緒に摂取することでしっかりと働いてくれるのでバランスよく摂取することが大切です。