カテゴリー別アーカイブ: 妊娠

赤ちゃんのうんちがでない理由、コミュニケーションで解決!

赤ちゃんのうんちが出ないことに、困っているお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの体はデリケートですので、大人と同じような便秘の解消方法を使うことはできません。便秘で泣いている赤ちゃんの姿を見ますと、お母さんとしては不安になってしまいます。

赤ちゃんのうんちがでない理由として、食生活や運動不足など様々な理由が考えられます。まずは、食生活を見直してみましょう。赤ちゃんの腸は大人と違い、あまり発達していませんので食生活の変化によって便秘を引き起こしてしまう可能性があります。

乳児の場合はミルクをたくさん飲んでいますので、水分不足とは関係ないと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんは体温が高く汗をよく掻いています。

汗を掻くことは、大人と同じように体から水分が出て行っていることになります。体の中の水分が減ってしまいますと、腸の動きが悪くなって便秘を引き起こしてしまいます。

母乳が不足している場合がありますので、赤ちゃんの体調を見ながら母乳を多めにあげましょう。赤ちゃんは大人のように活発に体を動かすことができないため、運動不足によって便秘を引き起こしてしまう場合があります。大人も腸の動きを活発にさせるために、運動を取り入れている方も多いはずです。

赤ちゃんも同じように体を動かすことによって、腸の働きを活発にすることができます。積極的に赤ちゃんとマッサージやコミュニケーションをとることで、体への良い刺激となります。

大人も生活のリズムが崩れてしまいますと体調が変化するように、赤ちゃんの場合も同じように体調が変化してしまいます。赤ちゃんがリラックスして過ごせるように、最適な環境を作ってあげることが大切です。

赤ちゃんが病気になってしまう原因には様々ありますが、中には病気の可能性があるのものありますので注意が必要です。いつもと赤ちゃんの様子が違うと感じた時には、専門の医者に相談をしましょう。

男性も妊婦の苦しみを理解するようにしましょう

男性の皆さん、妊婦の苦しみを理解してあげていますか?

妊娠や出産は女性だけの仕事ではありません。パートナーである男性も協力してあげないといけません。でもそのためには女性の体の変化について知らないといけません。

ここでは妊娠中の女性の体の変化について見ていく事にしましょう。

分かって欲しいつわりの苦しさ

妊娠をすると女性の体には大きな変化が出てきます。

体内で赤ちゃんという異物を育てるのです。ですから、これは当然の事です。そしてその変化の中には母体にとっては辛い事も多いのです。まずはつわりでしょう。

喜びしい事なのに具合が悪くなります。ですがつわりは母体を安定させるために必要な事です。つわりは吐き気や胸やけが続きます。重い人なら1か月間ずっと2日酔いが続くような状態です。

ですが、つわりは全ての妊婦に起こる事はありません。およそ半数以上の女性に起こり早い人なら妊娠後2週間から3週間後には起こります。胸がムカムカする程度で治まる人もいれば、胃液や胆汁まで吐いてしまう人もいるほどその症状には個人差があります。

食べ物の好みが変わる人もいますし、匂いに敏感になる人もいます。ですがこのような症状は妊娠して20週目までには自然に治っていきます。しかし、中にはあまりにも症状がひどい人がいます。

そのような時には脱水症状を起こす事があります。そうなると治療を必要とします。

妊娠中の女性を温かく見守る

その他にも妊娠すると腰痛や頭痛、倦怠感、体のしびれなど妊娠は全身に影響を及ぼします。

さらには妊娠中毒症と呼ばれるものまであります。これは足が腫れたり症状が重い時には全身がむくんだり、血圧が高くなったり、蛋白尿が出たりします。適切に対処しない事には、腎臓や肝臓に悪影響が出ます。

ですから、妊娠中毒症は特に気を付けないといけません。最悪死亡してしまいます。このようにいろいろな身体的な変化や精神的なプレッシャーの中で、女性は情緒が安定しません。その事を男性側が理解してあげて、温かい気持ちで接してあげる事が重要なのです。

深夜に赤ちゃんが泣いて、泣き止まない時の対策

赤ちゃんは泣くのが仕事だという言葉がありますが、昼間に泣かれるのと、夜中に泣かれるのでは話が違います。

昼間に赤ちゃんが泣く場合は、オムツの汚れを知らせるものや、お腹が空いたと知らせるものや、単に抱っこをしてほしいとかの理由が考えられる場合が多いのです。

しかし深夜に赤ちゃんが泣いて、一定の時間泣き止まない、もしくは長い時間、泣いては納まり、また泣き出すと言うのは完全なる夜泣きと言えます。

赤ちゃんの夜泣きの時期は一般的に生後3ヶ月~一歳半くらいまで続く場合は多いと言われていますが、その後は不思議と夜泣きは少なくなると言われています。

一番夜泣きが多いと言われる時期は生後7~8ヶ月頃の赤ちゃんが多く、その頃から夜泣きに悩まされたという人が多くなるのです。

夜鳴きの原因はいったいなんでしょうか?その原因ははっきりとこれだと言う原因がないのが夜泣きなんだそうですが、考えるられる原因としては赤ちゃんの不安な気持ち、また親の不安な気持ちが赤ちゃんに伝わっている場合、興奮して寝付けない、眠り方のサイクルが完全に狂ってしまっている、昼間に激しいストレスを感じたり、大きな音を聞いたり・・それらの事が言われています。

原因は何であれ、夜中に泣かれると親としてとても不安になりますし、それが日常化すると寝不足から体調不良に親の方が陥ってしまう事だってあるわけです。

そこで夜泣きの対処方法を簡単にまとめてみたいと思います。

①まずは、数分間は黙って様子を見てみる。

ぎゃ~と火がついた様に泣いても、不思議と数分間でぴたりと泣きやむ場合もあるのです。

そんな時はかえって抱き上げなくて良かったという事になるので、まずは様子を見てみましょう。

②夜泣きだと思っても、昼間のお乳やミルクが足りていなくて泣いている場合もあるのです。

またお腹は空いていなくても、何となく乳首や哺乳瓶が恋しくて泣いている場合もあるので、乳首や哺乳瓶、あるいはおしゃぶりを加えさせてみる事も手です。

③抱っこしてあやしてみる。

しばらく様子を見ても、一向に泣き止まない時は一度抱き上げてみるのです。しっかり抱き上げて背中をトントンするとぴたりと泣き止む場合も多いのです。

④外の空気にふれさせてみる。

これは真冬は出来ませんが、それ以外の季節なら一度窓を開けてみたり、ベランダに出てみて夜風に一瞬あててあげるのです。

季節が良い時期ならば、外で抱っこしたりベビーカーに乗せて寝かしつける事も効果があると言われています。

夜泣きは永遠に続くものではありません。後から考えてみると本当に人生の中では一瞬の出来事なのです。
ですから、夜泣きが始まったら、人生の中の一時、貴重な体験をしていると!デンと構える気持ちの余裕で、赤ちゃんに接することが一番大切だと感じます。

デンと構える気持ちは赤ちゃんに見事伝わり、夜泣きがやんだというケースも沢山あるようです。

カフェインが妊娠中にあまりよくない理由

妊娠前はコーヒーや紅茶などカフェインを気にせずとっていたという人もいるはずです。

しかし妊娠を意識するようになって調べてみると、カフェインは妊娠中にあまりよくないといわれることもあるために、コーヒーが好きだった人も一時的に飲むことを制限するということもあるのです。でもこのカフェインはどのような問題があるのでしょうか?

カフェインは、飲むと血管を収縮させる作用があります。またママがカフェインを飲むと、胎盤を通じて赤ちゃんにも伝わるのですね。血管が収縮するために、臍帯の血液の流れが悪くなる場合もあります。またカフェインが赤ちゃんに伝わり、興奮作用をもたらす場合もあるのですね。赤ちゃんは代謝機能が未熟なために外部から入ってきたものを代謝するのに時間がかかります。そのためにママがカフェインをとって興奮する以上に、刺激を受けてしまうのですね。

そのために赤ちゃんの神経や心臓、脳といった重要な機能を作る妊娠初期には、避けたほうが良いといわれています。日本と海外ではその妊婦のカフェインの取り方に違いがありますが、日本では一日1~2杯くらいまでなら良いとされています。

しかしこの時に考えておきたいことは、カフェインが含まれるのは、決してコーヒーだけではないということです。カフェインはコーヒーや紅茶だけではなく、お茶やチョコレートなどのし好品の中にも入っているのですね。そのために普段からし好品をとる人は、その分のカフェインも考えて、コーヒーの量を制限したほうがいいのかもしれません。

しかしカフェインは悪い効果ばかりだけではありません。少量であれば眠たいときの覚醒効果や集中力のアップ、またリラックス効果などがあるのですね。そのために上手にとると問題ないのです。

もし気になる方はノンカフェインのコーヒーやカフェインレスのコーヒーもあるので利用してみてはどうでしょうか?リラックス効果は十分に得られるので、妊娠期間中安心して飲むことができるでしょう。

葉酸は妊婦さんや授乳中の方だけでなく普段から摂取したい栄養素

葉酸と聞けばよく、妊婦さんに良いというのを聞いたことがあるかもしれません。しかし、葉酸は妊婦さんや授乳中の方だけでなく普段から摂取したい栄養素です。

葉酸の主な働きは、血液中に含まれる赤血球を作り出したり、細胞を生まれ変わらせることです。ですので、葉酸が不足すると赤血球の減少が原因で起こる貧血になってしまったり、細胞を再生する力が弱まり口内炎などを引き起こしたり、ガンを発生させてしまう一因にもなるのです。

キレイを保つ、葉酸の力って?

先ほど説明したとおり、葉酸には細胞を再生させる働きがあります。この働きがあるおかげで、口内炎の予防だけでなくシミやニキビなどといったお肌のトラブルの予防に効果があります。

また、ストレスもお肌の健康にとって大敵ですが、葉酸にはストレスを感じさせる脳内物質の分泌を抑えて緩和してくれる働きもあるのでお肌をいつまでも綺麗に若々しく保つためにも効果的だといえます。

どのような病気から守ってくれる?

さらに、細胞を再生させる働きが弱くなるとガンにつながるとも説明しましたが、ガンは細胞の中にあるDNAが加齢やストレスなど様々な原因で損傷を受けてしまうと細胞がガン化してしまいやすくなるのです。ですから、そのDNAが含まれる細胞を修復する力を持つ葉酸が効果的なのです。

また、最近問題となっている認知症に対してもその原因となる物質を処理してくれる働きがあるため、認知症予防にも効果を期待できると言われています。

葉酸が多く含まれる食材とは?

そんな、美容や健康にとても役立ってくれる葉酸。いったいどのような食材に多く含まれているのでしょうか。

圧倒的に含有量が多い食材はレバーです。葉酸の1日あたりに必要な摂取量は基準値で男女とも240マイクログラム程ですが、レバーには100グラム当たり1300マイクログラムも含まれているのです。よく、貧血予防のためにレバーが良いと言われますが、その根拠とも言える数値です。

その他にもブロッコリーなどの緑黄色野菜にも多く含まれていると言われています。しかし、葉酸は水溶性であるため、調理の際にはゆでるより蒸すなど少し工夫が必要です。
また手軽に摂れるサプリメントもありますので毎日の食生活にうまく葉酸を取り入れて綺麗で健康な日々を送りたいものですね。

アラフォーで不妊治療をする前に卵子の質下げないように

30代後半から体力が急に落ちる人は多いと思います。女の人は体力だけで無く妊娠力も落ちてきます。
体を鍛えて若く見える人でも、卵子の老化は今の所止める方法はないと言います。

たとえ妊娠をしても、卵子の質が悪い為に流産してしまったり、子宮内に着床できない事が若い人と比べると多くなります。
そこで医者に行って不妊治療をすれば妊娠の可能性は上がる事もあるとは思いますが、その前に何か自分でも出来る事はあるのではないかと思います。

まずは簡単に食事から初めてみてもいいと思います。残っている卵子の質を下げないようにすることを意識して、栄養を取るというのはどうでしょう。

米麹で作られている甘酒の成分は卵子の中のミトコンドリアを元気にすると言われています。もともと甘酒は飲む点滴と言われているほど栄養価が優れているので、朝起きた時にコップに一杯飲むというのを習慣的にしたら、卵子が元気になって着床率も上がるかもしれないです。いざ治療となった時も卵子が元気なら困る事は少なくなるかもしれません。後はルイボスティーも飲むと卵子の状態を良くすると聞きます。運動よりも食事なら簡単に見直せると思います。

次に体の冷えです。昔から女の人は体を冷やしてはいけないと言われていました。最近までこの意味はあまり分からなかったし興味も無かったのですが、体を冷やすことにより卵巣への血液の巡りが悪くなり、卵子の働きや子宮の働きが悪くなり妊娠しづらくなるという意味だと思いました。冷えというのは体質なのですぐに改善するのは難しいかもしれないですが、冷えを取る努力はやはり必要だと思います。

生姜で体を温めたり、白湯で代謝を良くしたりとやはりこちらも食事の面で簡単に試してみる事が出来ると思います。体が温かくなれば、卵子の動きもスムーズになるし、妊娠した時にも赤ちゃんが冷えなくて健康に育ってくれるでしょう。ある程度年齢がいっている場合は、良いと言われている食べ物はどんどん試してみるのが妊娠への近道です。

妊娠・出産は体力が必要です。アラフォーは20代とは体力が違います。運動が苦手でも、今すぐに体を動かすといいでしょう。

10か月の間、お腹の赤ちゃんを守り続けるのは自分だけですし、出産を乗り越えるのも自分です。赤ちゃんの為に自分で出来る事は、必死でやったほうが良い年齢だという事を自覚して動くことが大切だと思います。

妊娠しやすい体の環境を整えるために気をつけたいこと

妊娠に欠かせない要素は3つあります。

卵子、精子、それとタイミングです。これらがすべてベストな状態であれば妊娠する可能性が高くなります。特に卵子と精子について、どうしたらベストな状態を保てるのでしょうか。まず、卵子から見てみましょう。

言うまでもなく卵子の管理は女性がすることになります。例えば野菜を育てるには水、温度、光の適切な管理が必要となるように、健全な卵子を育むには体全体の調子を整えることが必要です。中でも体温管理がとりわけ重要で、体を冷やさないように保つようにします。

最近では夏場のエアコンによる冷え性を抱える女性も多くなってきています。体温が低いと血流が悪くなり、臓器の働きが悪くなります。特に卵巣や子宮は妊娠にとって欠かせない重要な器官ですが、血流が悪いとうまく働きません。

これは女性の性の周期を司る女性ホルモンが血液に乗って伝達されることに起因しています。また体温管理と同じくらい重要なのがストレスの管理です。私たちは日常的に様々なストレスにさらされています。筋肉を硬直させ血管を収縮させるストレスは、体のホルモンバランスを崩します。妊娠のメカニズムはこのホルモンによって制御されているのです。

脳の視床下部から分泌される性腺刺激ホルモンを出発点として卵胞ホルモン、黄体ホルモンがそれぞれ的確なタイミングで分泌されて各器官に指令を出し、妊娠の準備をしていきます。上手にストレスを解消するようにしましょう。

最後に規則正しいバランスの取れた食生活と十分な睡眠です。この二つは卵子を育むための土壌となる体そのものを整えます。一度にすべてを改善することは大変ですからできる範囲で一つずつ取り組んでいきましょう。

一方、男性が管理する精子についても女性と同様のケアが必要です。体調管理、とりわけ喫煙習慣のある人は禁煙するのが望ましいと言われています。喫煙は精子の数や運動量を減らすという報告があります。

妊娠を望んでから1年ほど経ってもまだ妊娠できない場合などは思い切って禁煙する事をお勧めします。

妊娠しやすい体作りのためにタンパク質を摂ろう

妊娠するためには女性ホルモンの力が必要です。ホルモンは食べたものの栄養をもとに作られるので食事が大切です。どんな食事がよいのでしょうか。

タンパク質を意識して摂る

バランスのよい食事が大切ですが、意識して摂りたいのがタンパク質です。タンパク質は細胞や内臓などを作ったり、ホルモンや酵素の原料になります。体のさまざまなことに関係しているので食事から毎日摂ることが大切です。

タンパク質が多く含まれている食品は、肉・魚・乳製品・卵・大豆などです。タンパク質は分解されてアミノ酸になって吸収・利用されます。アミノ酸はどれか一つでも不足するときちんと働きません。

体内で作れないアミノ酸は9種類あり、これらは毎日食事から摂取する必要があります。9種類のアミノ酸をすべてバランスよく含んでいるものはアミノ酸スコアが高い食品といいます。

アミノ酸スコアは食品によって違うので、動物性と植物性両方からバランスよくタンパク質を摂取しましょう。

一日の食事

肉などはカロリーが高くカロリーを気にしてタンパク質摂取を控えている女性が少なくありません。妊娠するためには、毎食タンパク質を摂取する必要があります。

朝はお腹が空かなかったり忙しくて食事を摂る時間がない方もいると思います。食事を摂りにくいときでも、豆乳やヨーグルトなど消化によく口にしやすいものを摂るようにしましょう。少しずつでも朝食を摂る習慣をつけると次第に食べられるようになります。

お昼はパンやパスタなど単品メニューになりがちで、炭水化物に偏っています。定食はいろいろなものを食べられてタンパク質も摂取できます。コンビニでお昼を買うときは、ヨーグルトや豆腐などをつけ足したり、魚などタンパク質を豊富に含む食品を摂れるお弁当にしましょう。

夜は消化に良いタンパク質を摂取します。豆腐、納豆など大豆製品、脂が少ない魚などが消化によいです。遅い時間に夕食を摂ると、翌日の朝お腹が空かず朝食を食べられなくなるので、夜遅くの食事は避けたり軽めにします。

妊娠中に摂取したいベルタ葉酸

ベルタ葉酸はぜひ妊娠中に摂取して欲しいのです。
日常生活にも役立つ栄養素ですが、赤ちゃんがお腹にいる時は特に意識してほしいですね。

葉酸ってどんなもの?

さて、漠然と妊娠中に良いと言われてもどんなものが分からないと思います。
葉酸は水溶性のビタミンB群のひとつの栄養素です。

ほうれん草の葉の部分から発見されたとされています。

葉酸を摂取することで新陳代謝が良くなる働きをしてくれます。
これは細胞分裂を助ける働きをするもので、妊娠中は特に胎児が育っていくために必要なものになります。

ベルタ葉酸サプリは葉酸以外にもビタミンやミネラルをバランスよく含んでいるので健康サプリとしても人気です。

妊娠中に葉酸を取るとどうなるの?

細胞分裂を助けるということ胎児が奇形になりにくく病気になりにくいということになります。
当たり前の事ですが赤ちゃんには健康な状態で生まれてきて欲しいものです。

また胎児だけではなく母親側への良い影響もあります。

貧血やガンの予防効果があり、何より母乳の出がよくなります。
粉ミルクで代用することもできますが、母乳が出るに越したことはありません。

いつごろ葉酸を摂取すればいいの?

胎児にとって良い影響を与えるために摂取する場合はなるべく早い段階にとるようにしましょう。
具体的には妊娠前から妊娠3ヶ月頃までに多めに摂取する事で効果が期待できます。

胎児の体が形成される過程で葉酸を多く摂取することで奇形の可能性が減り予防効果が期待できます。
妊娠に気がついてから摂取しだすのでは少し遅いため、

赤ちゃんを望んで子作りする場合は積極的に葉酸を摂取しておくと良いでしょう。

葉酸はベルタ葉酸サプリで摂取

名前の通り葉の部分に多く含まれている成分です。
ほうれん草やレタスやキャベツ等に多く含まれています。

その他にも豆類などには多く含まれています。

しかし、これらの食品から必要量を摂取することはとても難しいためベルタ葉酸サプリを利用すると良いでしょう。
また、葉酸単体では働きが鈍く期待した効果を得られない可能性が高まります。

ビタミンC等の他のビタミンと一緒に摂取することでしっかりと働いてくれるのでバランスよく摂取することが大切です。