赤ちゃんのうんちがでない理由、コミュニケーションで解決!

赤ちゃんのうんちが出ないことに、困っているお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんの体はデリケートですので、大人と同じような便秘の解消方法を使うことはできません。便秘で泣いている赤ちゃんの姿を見ますと、お母さんとしては不安になってしまいます。

赤ちゃんのうんちがでない理由として、食生活や運動不足など様々な理由が考えられます。まずは、食生活を見直してみましょう。赤ちゃんの腸は大人と違い、あまり発達していませんので食生活の変化によって便秘を引き起こしてしまう可能性があります。

乳児の場合はミルクをたくさん飲んでいますので、水分不足とは関係ないと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、赤ちゃんは体温が高く汗をよく掻いています。

汗を掻くことは、大人と同じように体から水分が出て行っていることになります。体の中の水分が減ってしまいますと、腸の動きが悪くなって便秘を引き起こしてしまいます。

母乳が不足している場合がありますので、赤ちゃんの体調を見ながら母乳を多めにあげましょう。赤ちゃんは大人のように活発に体を動かすことができないため、運動不足によって便秘を引き起こしてしまう場合があります。大人も腸の動きを活発にさせるために、運動を取り入れている方も多いはずです。

赤ちゃんも同じように体を動かすことによって、腸の働きを活発にすることができます。積極的に赤ちゃんとマッサージやコミュニケーションをとることで、体への良い刺激となります。

大人も生活のリズムが崩れてしまいますと体調が変化するように、赤ちゃんの場合も同じように体調が変化してしまいます。赤ちゃんがリラックスして過ごせるように、最適な環境を作ってあげることが大切です。

赤ちゃんが病気になってしまう原因には様々ありますが、中には病気の可能性があるのものありますので注意が必要です。いつもと赤ちゃんの様子が違うと感じた時には、専門の医者に相談をしましょう。